解体工事に保険は意味あるの?

未分類

解体工事に関する事故は、残念ながらゼロではありません。

仮に自分が依頼した解体工事の現場で事故が発生してしまった場合、依頼主が損害を被ることのないように依頼した解体業者が保険に入っているのか、確認するべきなのかを今回は紹介していきます。

解体業者はみんな保険に入っているの?

結論から言うと、入っている業者もいれば入っていない業者もいます。

意識の高い解体工事会社であれば保険の加入は当然と考えていますが、保険料もタダという訳ではありませんので、保険料を惜しんで加入をしていない業者も多々あります。

その為、解体工事依頼する際はその業者が保険に入っているかを事前に確認しましょう。

保険に加入していない業者が事故を起こしてしまった場合、賠償責任にある賠償金額を払いたくないばかりに賠償責任を逃れようとする行動をとる可能性も十分に考えられます。

賠償金額に大きさによっては支払うお金がないという事態になり、被害者への救済を行うことができず、最終的には施主に矛先が向いてしまうなんてことになり兼ねません。

保険に加入していてもこのような事態になることはゼロとは言えませんが、保健の加入によってそのリスクを最小限に抑えることが可能なので、依頼する業者が保険に加入しているか確認することはとても大切な事になります。

保険の種類

会社単位の保険

会社単位で加入する年間単位の保険です。

年間の売上金額によって保険学が確定し、その年の全ての工事が保険対象となります。

工事単位の保険

工事現場ごとに加入する保険です。工事の請負金額に応じて保険料が確定します。

この保険は加入した工事のみ適用となります。

その時の工事が保険に加入しておいた方が良いと考えた際に保険に加入することが出来るので、この保険を利用している業者は少なくありません。

車両単位の保険

重機や車両単位で加入する年間の保険です。重機や車両が関係する工事にのみ適用されます。

まとめ

解体工事において、保健の制度が存在する事自体を知らない利用者も多いかと思います。

しかし保険に加入していれば回避できた問題が、保険に加入していなかったが為に大きな問題へと発展してしまうといったケースも少なくありません。

解体工事を依頼する際は、業者にしっかりとこの保険関係がどうなっているのかを確認し、もし加入していなければ施主から「見積もりに保険料を計上してもらって構わない」と一言伝えると応じてくれる業者は多いと思うので、是非試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました