解体工事において、よくあるトラブル内容は?

未分類

解体工事は、トラブルが発生する可能性が高い作業がかなり多いです。

今回は解体工事において、よくあるトラブルを紹介します。

工事ミスによって隣の家に傷がついた

解体作業をするにあたって重機の操作ミス、従業員の不手際で隣家に被害を与えてしまうといったトラブルが起こってしまう可能性もあります。

こうなってしまったら、当然賠償の責任は解体業者にありますが、業者によっては損害保険に加入していない可能性も考えらえます。

トラブルを事前に最小限に抑える為にも、解体業者を選ぶ際は慎重に判断することが大切です。それ以外に保険の最低限や、事故の適用範囲などの条件も確認しましょう。

解体工事による埃、騒音トラブル

解体作業において、埃や騒音の発生は避けることが出来ません。養成シートや防音シートによった対策をしていても、埃が飛散して近隣の家や窓を汚してしまったり、通行人の頭上から降りかかってしまうといった可能性があります。

また、昼間に在宅している主婦や高齢者、夜勤で昼間は眠っている人などにとっては騒音問題はかなり深刻なものにもなり兼ねません。

こういったトラブルは挨拶回りをすることで周りの住民に解体工事に関しての理解を得ましょう。

基本的に業者が行ってくれますが、施主も同行することで苦情などのリスクを軽減できるでしょう。

不法投棄

解体工事をする上で廃棄物はどうしても出てしまいます。本来であれば適切な処理方法でこの廃棄物を処理するのですが、中には不適切な形で廃棄物を処理する業者もいます。 解体工事が行われている場所に埋めたり、山や川に不法投棄したりしてしまうと、その業者は違反とみなされ、罰則を受けることになってしまいます。そうなると工事が滞り、結果的に依頼した利用者が損をしてしまうといったことにもなり兼ねませんので、業者に依頼する際にはその業者が過去にそういった違反行為をしたことがないかをしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

解体工事はトラブルが発生する可能性が非常に高い作業です。

過去にも様々なトラブルが発生していますが、その多くは事前にトラブルに関するリスク管理を怠ったが故に発生してしまったものです。

これから解体工事を依頼しようとしている人は解体業者をしっかりと選ぶところから始め、トラブルが起こり得る可能性があるものについての対策をしっかりと事前にしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました